原始、眼鏡は太陽だった。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サト眼鏡生活・14日目
今日は眼鏡生活最終日。眼鏡と一緒にいられるのも今日まで。最後の一日をどうやって過ごそうか、僕はぼんやり考えながらベッドから出ると、ふと目に止まったものがありました。




(探さないで下さい。 眼境)

え?置き手紙?!

って、ヂルくんの時( http://megane-blog.jugem.jp/?eid=53 )と一緒じゃないか!しかも「眼境」って、字まちがってるよ!
しかし、考えてみるとヂルくんの時と違って、内容がストレートだ。きっと、眼鏡も本気だったのだろう。僕に会ってしまったら別れがつらくなるから、手紙を残して出て行ってしまったに違いなかった。まあ、それもいいかもしれない。僕は半ば諦め、普段どおりに出かける支度を始めた。




(やっぱり ちょっとは 探して下さい。 眼鏡)

どっちだよ!!

なんなんだ。まだ、近くにいるということなのか?スッパリ諦めようと思ったのに、これじゃ決心がつかないじゃないか。眼鏡を探しに行こうか。それとも…カサカサッ

ん?





えっ…?眼鏡…?

サッ





眼鏡だ。今、確かにそこにいた。眼鏡も出て行くに行けず、玄関で迷っていたのか。僕は眼鏡の方へ駆け寄りかけたところで踏みとどまった。そして玄関に背を向け、普段より大きめの声で言った。


「眼鏡のヤツ、やっと出てってくれたかー。あー、清々した。

 まったく、あいつがいると足手まといなんだよなー。

 やれやれ、これでもとの暮らしに戻れるぜー、ふぅー。」


ガタンッ


眼鏡が玄関から出て行くのが分かった。涙が溢れて止まらなかった。

「これでよかったんだ…。」

僕は自分に言い聞かせるように呟いた。

「ありがとう、眼鏡。元気でな。」
| 眼鏡の旅〜サト編 | 22:34 | comments(12) | trackbacks(0) |
サト眼鏡生活・13日目
バレンタインですね。





「わーい。」

はしゃぐな。






「やっほー。」

って、何してんだよ。





「わたしを…ア・ゲ・ル…。」

だから、何してんだ。


(抱いてしまいそうになりました。)
| 眼鏡の旅〜サト編 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
サト眼鏡生活・12日目
「たまには外で待ち合わせしよう。」

そう言い出した(ように見えた)のは眼鏡の方だった。ずっと一緒にいるから、たまにはそういうのもいいかもしれない。いつもとは違ったドキドキ感があった。

「じゃあ、18時半にいけふくろうの前で。」

今朝、眼鏡にそう言って家を出た。なのにだ。僕は仕事がトラブってしまい、待ち合わせの時間に遅刻してしまった。くそぅ、どうして眼鏡は携帯を持っていないんだ。やっとのことで会社を出た僕は、池袋へと急いだ。眼鏡は帰ってしまっているかもしれない、そう思いながらも僕はいけふくろうを目指して走った。





もう少しだ。はたして、眼鏡は待ってくれているのだろうか。





い、いた!

「ごめん!本当にごめん!寒かったろう?」

「大丈夫。全然、待ってないよ。」

必死に謝る僕に、眼鏡は優しく微笑んでくれた。僕は眼鏡を抱きしめたい気持ちを押さえ、眼鏡と2人で歩きはじめた。





「ここだよ。」

「わあ、素敵なお店。」





「早く来ないかなー。」





「ブルスケッター!」





「エビフリッター!」





「マルゲリーター!」





「バッテラー!」

とにかくはしゃぐ眼鏡。そんな眼鏡が愛しくてしかたなかった。僕はもう、眼鏡を手放したくなくなっていた。





お酒も入って、ほろ酔いの眼鏡。僕もだいぶ酔っていた。

「本当は、君とずっと一緒にいたいんだ…。」

思わず出た言葉。言ってはいけない台詞なのは分かっていたはずなのに。さっきまであんなにはしゃいでいた眼鏡も、押し黙って僕を見ている。しばらく止まったかのような時が流れ、そして眼鏡はレンズを伏せた。僕は眼鏡のレンズに光る涙に全く気づいていないかのように顔をそらし、ジントニックを一気に飲み干した。
| 眼鏡の旅〜サト編 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
NEW | TOP | OLD >>