原始、眼鏡は太陽だった。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナベ眼鏡生活・4日目
眼鏡が猿となんかしゃべってた



眼鏡『なんていか、こう、スグ好きになってまうんですよ』

猿『あー、ホンマかー。』

眼鏡『なんやろ、惚れやすいっていうか・・・。』

猿『わかるわかる。』

眼鏡『この前もね、席となりになった子に、鉛筆借りようとして・・・そん時手があたっただけで、ドキッ。で、それからよく目が合うんですよ。・・・それで、だんだん好きに・・・。』

猿『うんうん。』

眼鏡『かといって、部活のマネージャーがタオル渡してくれて"先輩、がんばってください!"って言ってくれただけでも、そのマネージャーがすっごいかわいく見えてきて・・・好きに・・・。』

猿『うん。つまり、女に目がねー、眼鏡なだけに、ってか!?(笑)』

眼鏡『え・・・?なんですか??』

猿『いや、だから眼鏡なだけに、目がねー!って。』

眼鏡『・・・??』

猿『だから、君は眼鏡なわけじゃん。だから女に目が無い、って。』

眼鏡『からかってるんですか??』

猿『いや、そーいうわけじゃなくってさ、こう、そーいう冗談も挟んだほうがいいかな?みたいなね、そーいう気持ちが俺にもあるわけじゃん。今のをもういちど説明すると・・・、』

眼鏡『もういいです!今までの話、全部妄想ですし!』

猿『妄想かーい!』
| 眼鏡の旅〜ナベ編 | 00:57 | comments(2) | - |
ナベ眼鏡生活・2日目







というわけでな、ワシはイメチェンを図りたい思うんやけど、君はどない思うんや。






いやぁ〜、今のままでも十分カッコイイ思いますねんけどねぇ〜…(なんでもいいけどさっきからウザイねんコイツ)





アカンねん、ワシはこのままやったらあかんねん…!変わる、変わったる・・・!!

モテたる!!





は、はぁ…(好きにしたらええやんけ)




・・・










どや!?





うーわぁ・・・(うーわぁ…)
| 眼鏡の旅〜ナベ編 | 23:43 | comments(0) | - |
ナベ眼鏡生活・1日目
よし!今日もインターネットするぞ!と、ノートパソコンを開いた瞬間だった。



…!!!



メ、メガネが…あの、ブラウザ越しにいつも眺めていた、いつのまにかその美しいフォルムに心を奪われ、Iriaで画像を全保存したあの眼鏡が…僕の目の前に落ちてきたのだ…。信じられない…。夢でも見てるのだろうか…。

例えるなれば、自分がいつもテレビ越しに見ていた、結婚まで心に誓ったアイドルが、突然自分の目の前に現れたようなものだ。しかも裸で。

とりあえず、この2週間は今までの誰よりも眼鏡を愛そう、そう、心に決めた瞬間だった…!!



…!!!



…ナムまで落ちてきた!(天空×字拳をしながら、だ。)
| 眼鏡の旅〜ナベ編 | 23:59 | comments(2) | - |
<< NEW | TOP | OLD